『クイーン・メリー2』トラベル・ウィークリー誌が選ぶベスト・ラグジュアリー・クルーズシップ賞を受賞

2017-1-25

キュナードのフラッグシップ、クイーン・メリー2がトラベル・ウィークリー誌の「2016年リーダーズ・チョイス・アワード」において「ベスト・ラグジュアリー・クルーズシップ賞」を獲得しました。同誌の読者による2度の投票により、クイーン・メリー2が提供するプロダクトとサービスが評価され本賞の受賞となりました。

キュナード北米シニア・バイス・プレジデント(上級副社長)、ジョシュ・レイボヴィッツ(Josh Leibowitz)は次のように述べています。「クイーン・メリー2がトラベル・ウィークリー誌の“ベスト・ラグジュアリー・クルーズシップ賞”を受賞させていただいたことに、読者の皆様に心から感謝いたします。キュナード社が誇る船上のラグジュアリー体験が、最も権威のある業界誌の一つに認められたことを光栄に思います」。

昨年12月15日にコンラッド・ニューヨークで開催された「第14回トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード」のガラ・ディナー及びセレモニーでは、航空、自動車、ホスピタリティ、鉄道、GDS(Global Distribution System)、社内教育、ツアー、クルーズ、デスティネーション、テーマパークなどを含む78部門から選出された受賞者たちが集い、表彰式が挙行されました。

昨夏、キュナード史上最高額の約1 億3,200 万米ドルを投じ、大規模改装を終えたクイーン・メリー2。改装後の船内のダイニングには既存の「プリンセス・グリル」「クイーンズ・グリル」「キングス・コート」「カリンシア・ラウンジ」に加え、現代的なフランス料理のスペシャリティ・レストラン「ザ・ベランダ」が新たに設けられました。また、客室には一人旅のお客様がご利用いただける「ブリタニア・シングルルーム」15 室と、「ブリタニア・クラブ」30 室、「ブリタニア・レストラン」5 室が新たに追加されました。

クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリア、クイーン・エリザベスの詳細およびクルーズのご予約については、お近くの旅行会社またはキュナード・ライン ジャパン・オフィスまでお問い合わせください。

http://www.cunard.jp/

ページ上部へ戻る