イギリス陶磁器がある暮らしに憧れて

長い歴史のなかで上流階級の食卓を彩ってきたイギリスの陶磁器は永遠の憧れ。陶磁器の故郷ストーク・オン・トレントを訪れてみると、いまもその伝統が受け継がれていることに気づくと共に、アウトレットショッピングにも心が躍る。

‥‥‥‥‥‥[一度は訪れてみたいファクトリー&ビジターセンター]‥‥‥‥‥‥

バーレイ Burleigh(Middleport Pottery)
濃淡のブルーの柄にファンが多いバーレイは、ストーク・オン・トレントでウェッジウッドに次ぐ人気。ファクトリーツアーで独特の製造法を知ったあとは、カフェでティータイム、そしてアウトレットショッピングへ。日本とは比べ物にならない価格に驚くばかり。
www.princes-regeneration.org/middleport-pottery/visit-us


エマ・ブリッジウォーター Emma Bridgewater
イギリスで大人気のエマはスポンジで色を付けていく手作りの製造方法が特徴。ユニオンジャック柄のほか、動物や自然をモチーフにした柄も人気。ショールームも兼ねたカフェにはエマの世界が再現されており、カラフルな色に囲まれたティータイムを体験できる。
www.emmabridgewaterfactory.co.uk


ウェッジウッド・ビジターセンター Wedgewood Visitor Centre
イギリスの陶磁器の歴史を作り上げてきたウェッジウッド。2015年5月からビジターセンターが新たに生まれ変わり、展示などもより充実。ファクトリーツアーやカフェでのアフタヌーンティーなど、楽しみは尽きない。
www.wedgwoodvisitorcentre.com


スポード・ワークス・ビジターセンター Spode Works Visitor Centre
経営権がポートメリオンに移ったスポードだが、オールドスポードの根強いファンから愛されるのが、元の工場後に作られているビジターセンター。館内にはスポードの伝統と歴史が手に取るようにわかるほか、オールドスポードのアウトレット販売もある。
www.spodeworks.org

関連記事

ページ上部へ戻る