イギリスで食べたいもの[スイーツ編]

紅茶文化を生み、アフタヌーンティーを世界に広めたイギリス。そこは紅茶とともに味わうためのスイーツの天国。素朴な家庭のスイーツから、王室にちなんだ名前がつけられたスイーツ、そして地域色たっぷりのスイーツなど、ボリュームもうんちくも山盛りの甘い世界を堪能してみたい。

Clovlelly_DES5691

クリームティー Cream Tea
ティールームの代表的なメニューは、スコーンにジャム、そしてたっぷりのクロテッドクリームが添えられたクリームティー。クロテッドクリームはバターと生クリームの中間ほどの脂肪分の乳製品で、イギリスのなかでもデヴォンやコーンウォールが産地。地元産の新鮮なクロテッドとともにいただくスコーンもまた、日本で食べるものとはまったく別もの。クリームティーを体験できるのはイギリスを訪れた者だけの特権。


SONY DSC

ヴィクトリア・スポンジ Victoria Sponge
スコーンの次にイギリスで食べるべきスイーツ、それはヴィクトリア・スポンジ。ヴィクトリア女王のお気に入りだったというケーキで、ストロベリージャムとバタークリームを挟んだものが定番(ラズベリージャムやホイップクリームを用いることも)。とはいえ、このケーキのポイントはスポンジ生地の食感。日本のショートケーキとはまったく異なる重くてざっくりした食感は感動的ですらある。


キャロットケーキ Carrot Cake
カントリーサイドのティールームや家庭でいただくケーキの定番。すりおろしたニンジンを混ぜて焼き上げたケーキにクリームチーズをたっぷりフロスティングして仕上げる。なぜにニンジン?と初めて食べる時は思うかもしれないが、ニンジンのほのかな甘さとクリームチーズとの相性の良さで、食べ始めるとつい止まらなくなり、ついまた頼んでしまう不思議な魅力を持つケーキ。


_DX23682カップケーキ Cupcake
もともとはフェアリーケーキと呼ばれ、子供たちの誕生日などに食べれていたカップケーキ。アメリカでおしゃれなケーキとして生まれ変わり、イギリスに再上陸。大人のためのケーキとして話題に。ペギー・ポルシェンなどの人気店でいただくと、認識をあらたにすること間違いなし。


KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAプディング(スイーツ) Puddings
プディングというのはもともと調理法のひとつだが、現代のイギリスではデザートメニューのことを「プディング・メニュー」と表現するように、デザート全般を指す。最も馴染みがあるのはクリスマス・プディングだが、季節ごと・地域ごと・調理方法ごとに何種類ものプディングがある。パブなどでもデザートに登場。夏ならベリーの甘酸っぱさが爽やかなSummer Pudding、冬なら熱々のSticky Toffee Puddingのバニラアイス添えなどがおすすめ。


DSCF0126メイズ・オブ・オナー Maids of Honour
イギリスには門外不出のレシピを守り続ける老舗がいくつもあるが、ロンドン郊外、キューガーデン近くにあるティールームで食べられるMaids of Honourもそのひとつ。エッグタルトの一種で、ヘンリー八世があまりのおいしさにレシピを非公開にし、考案したメイドをも幽閉したという言い伝えが残るほど。たかがエッグタルトと思って食べると、意外にも、ヘンリー八世の行動に拍手したくなる味わい。
www.theoriginalmaidsofhonour.co.uk/

関連記事

ページ上部へ戻る