旅の基礎知識[6] 主要イベントカレンダー

1月

ロンドン・ニュー・イヤーズ・デイ・パレード
元旦を華やかに彩るパレード。マーチングバンドを中心に1万人以上のパフォーマーが、ピカデリーからパーラメントストリートまで大行進。www.londonparade.co.uk

バーンズ・ナイト
1月25日はスコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズの誕生日。レストランなどで伝統料理のハギスが供され、詩の朗読、音楽など楽しんだ後、最後に「オールド・ラング・ザイン」(ほたるの光)を歌って締める。www.visitscotland.com/about/robert-burns/supper

チャイニーズ・ニュー・イヤー
日本でも「春節」として知られるようになった旧正月(太陰暦の正月)を祝う祭り。ロンドンのチャイナタウンをはじめ、各地で多彩なイベントが行われる。毎年日にちが変わるが、だいたい1月末から2月の中旬あたり。www.chinatownlondon.org

2月

スプリング・フェア
毎年2月初旬に行われるヨーロッパ最大のギフトショー。アート、ジュエリー、グリーティングカード、ガーデニング、テーブルウェア、キッチン雑貨、玩具、手工芸品まで、幅広い商品が一堂に。場所はバーミンガムのNEC。www.springfair.com

オルニー・パンケーキ・レース
イースターの41日前の「懺悔の火曜日」はパンケーキの日。各地でフライパンを片手にパンケーキをひっくり返しながら走るレースが開催されるが、バッキンガムシャーのオルニー村は最古のパンケーキ・レースとして有名。毎年開催日は移動する。http://olneypancakerace.org/

ロンドン・ファッション・ウィーク
世界中のデザイナーが集結する秋・冬コレクション。洋服、ジュエリー、バッグなどのデザイナーも参加し、新人デザイナーの発掘でも定評がある。
www.londonfashionweek.co.uk

ヨービック・ヴァイキング・フェスティバル 
北イングランドのヨークは2000年の波乱万丈の歴史を持つ古都。フェスティバルでは、9世紀に来襲したヴァイキングの侵略の様子などを再現し、なかでも船のレースは大盛り上がり。www.jorvik-viking-festival.co.uk

3月

クラフツ・ドッグ・ショー
毎年3月上旬に行われる、1891年からの歴史を誇る世界最大のドッグショー。ショーのほかに、多彩な関連グッズのスタンドが400以上もある。会場はNECバーミンガム。www.crufts.org.uk

アイデアル・ホーム・ショー
100年以上の歴史を誇る、家、ガーデン、インテリア、テクノロジーなどに関する製品の大展示会。会場は便利なオリンピア・ロンドン。www.idealhomeshow.co.uk

競馬:チェルトナム・ゴールド・カップ
障害レース最強馬を決定する人気レース。チェルトナムは美しいコッツウォルズ丘陵の中心都市で、18世紀から温泉保養地として発展し、街は優雅な建物で彩られている。www.cheltenham.co.uk

4月

BNY メロンボートレース=オックスフォード大学vs ケンブリッジ大学対抗ボートレース
1829年に始まった毎年恒例の大学対抗ボートレース。スポーツイベントでは世界最古のひとつという伝統を誇る。ロンドンの西、テムズ河PutneyとMortlake間で行われる。www.theboatrace.org 

競馬:グランド・ナショナル
4月初旬に行われる1829年に始まった伝統の春の障害レース。リバプール郊外のエイントリー競馬場で開催され、毎年大人気を博している。www.aintree.co.uk

ヴァージン・ロンドン・マラソン
1981年からの歴史を誇り、トップ・アスリートから市民ランナーまで参加する。出場者は4万人を超える世界最大規模の市民マラソン大会。また、競技であると同時にチャリティーも募るなどイベント性も高い楽しい祭典。www.virginlondonmarathon.com

5月

スペイサイド・ウィスキー・フェスティバル
ウィスキーの産地が集中するスコットランドのスペイサイド地域で行われるウィスキーの祭典。多くのイベントも開催。www.spiritofspeyside.com

FAカップ決勝戦(Wembley Studium)
プロ・アマのサッカーチームがすべて参加する勝ち抜き戦のFAカップの決勝戦。www.thefa.com/TheFACup

グラインドボーン・オペラ・フェスティバル
1934年から始まり、5月から8月まで続く夏のオペラ・フェスティバル。昼間の野外ピクニックが印象的。グラインドボーンはイースト・サセックスにあり、ロンドンから南に約90km。www.glyndebourne.com

チェルシー・フラワー・ショー
英国王立園芸協会(The Royal Horticultural Society=RHS)が主催する最も歴史のあるフラワーショー。毎年、流行のガーデンが楽しめる。新しい園芸品種も出展。www.rhs.org.uk

チーズ・ローリング
クーパーズ・ヒルの丘を転がるチーズを追いかけ、丘を駆け下りるレース。
www.cheese-rolling.co.uk

ブラックプール・ダンス・フェスティバル
1920年から始まった社交ダンスの世界コンクール。www.blackpooldancefestival.com

TTレース
マン島の公道を走る伝説のバイクレースで世界的に有名。マン島はイギリスとアイルランドの間に浮かぶ島で、独自の伝統と文化を今に伝えている。www.iomtt.com

6月

ロイヤル・アカデミー・オブ・サマー・エキシビジョン
世界最大の王立芸術院で開催ロンドンの夏を彩るモダンアートの美術展で、世界最大級。www.royalacademy.org.uk

競馬:ダービー賞
1780年から続く3歳馬のトップレースで、王室も観戦し、華やかな雰囲気も楽しめる。ロンドンから鉄道で1時間ほどのエプソム・ダウンズ競馬場で開催。www.epsomderby.co.uk

ワイト島フェスティバル
イングランドの南5kmに浮かぶワイト島で、1968年から続く野外ロックフェスティバル。www.isleofwightfestival.com

トゥルーピング・ザ・カラー
エリザベス女王の公式誕生日式典が行われる。女王は馬車に乗ってバッキンガム宮殿を出て、セントジェームズ公園の散歩道から英国陸軍総司令部閲兵場へと下り、500人の近衛兵を閲兵。www.royal.gov.uk

競馬:ロイヤル・アスコット
250年もの歴史を誇る王室主催の世界的にも注目されるレース。女性たちの華やかな帽子も話題。www.ascot.co.u

エディンバラ・インターナショナル・フィルム・フェスティバル
1947年から続く国際映画祭。www.edfilmfest.org.uk

全英テニス選手権(ウィンブルドン)
ウィンブルドンで行われる全英テニス選手権は、テニス四大選手権の最高峰。センターコートは、この大会の2週間だけ使用される。www.wimbledon.org

グラストンベリー・フェスティバル
世界一の規模を誇る野外ロックフェスティバル。www.glastonburyfestivals.co.uk

7月

F1 英国グランプリ(Slverstone Circuit, Towcester, Northamptonshire)                                            
シルバーストーン・サーキットで行われるモーターレースの最高峰。www.silverstone.co.uk

ヘンリー・ロイヤル・レガッタ
テムズ川の上流、ヘンリーオンテムズで行われるボートレース。夏の風物詩であり、上流階級の社交場だった優雅な雰囲気を今に伝える。www.hrr.co.uk

ハンプトン・コート・パレス・フラワー・ショー
ヘンリー8世の宮殿、ハンプトン・コート・パレスの庭園の一部を利用したフラワー・ショー。RHS主催のヨーロッパ最大の花の祭典で、ショーガーデンからショップまで充実。www.rhs.org.uk

スランゴスレン国際民族音楽祭
伝統と歴史を誇るウェールズで行われる国際的な音楽、ダンスのコンクール。世界から参加者が集結。www.international-eisteddfod.co.uk

BBCプロムナード・コンサート(プロムス)
通称BBCプロムス(The Proms)は、1895年から始まったコンサートで、一流の演奏家によるクラシック音楽をリーズナブルな料金で楽しめる。ロイヤル・アルバート・ホールを主会場として、いくつかの会場で行われ、公園で開催されることもある。7月半ばから9月初旬まで開催。www.bbc.co.uk/proms

ゴルフ全英オープン
1860年から始まった伝統と格式の高いトーナメント。世界から優勝経験者をはじめとするトッププレーヤーが参集、最近は日本人プレーヤーの活躍も期待されている。開催ゴルフ場は毎年移動。www.opengolf.com

タットン・パーク・フラワー・ショー
王立園芸協会が主催する、北イングランド最大のフラワー・ショー。www.rhs.org.uk

8月

エディンバラ・ミリタリー・タトゥー 
スコットランド・エディンバラの夏を彩る一大イベント。エディンバラ城前広場で行われ、有名なバグパイプの演奏をはじめ、世界各国の軍楽隊パレードが行われる。www.edinburgh-tattoo.co.uk  

エディンバラ・フリンジ・フェスティバル
演劇をはじめ1,000以上のイベントが開催。www.edfringe.com

エディンバラ・インターナショナル・フェスティバル
世界一流のアーティストによるオペラ、演劇、コンサートなどが、エディンバラ市内各所で、約1カ月間開催される。www.eif.co.uk

全英ビール・フェスティバル
英国全土から自慢のビール(エール)が集まるほか、世界各国から、800種を超えるビールやリアル・エール、サイダーが集結する祭典。オリンピア・ロンドンで開催。www.camra.org.uk

ビートルズ・ウィーク
ビートルズの故郷、リバプールで開催されるビートルズファンの祭典。イベント満載で、世界のビートルズ・カバー・バンドも参集する。www.cavernclub.org/beatleweek

ノッティング・ヒル・カーニバルロンドンの夏の風物詩として定着したカリビアン・カーニバルは、ヨーロッパ最大のストリート・フェスティバル。www.thenottinghillcarnival.com

9月

オータム・フェア
ヨーロパ最大のホーム&ギフト用品フェア、バーミンガムのNECで開催。2月はスプリング・フェアがある。www.autumnfair.com

ハイランド・ゲーム:ブレーマー・ギャザリング

スコットランドのディーサイドにあるブレーマーの町で行われる伝統競技のスポーツ大会。ハンマー投げ、綱引きなどの競技のほか、バグパイプの演奏やスコティッシュ・ダンスも披露。王室も観戦。www.braemargathering.org

ジェーン・オースティン・フェスティバル(バース) 
バースに暮らした女流作家ジェーン・オースティンを偲び、往時の優雅なドレスを着た人々が集う。www.janeausten.co.uk/festivalhome/

ロンドン・ファッション・ウィーク
世界的にも注目度が高いロンドン・コレクション。9月は春夏コレクションの発表。www.londonfashionweek.co.uk

メイヤーズ・テムズ・フェスティバル
テムズ河沿い開催されるフェスティバルで、歌、ダンス、パフォーマンスなど多彩なイベントが揃う。花火大会もある。www.thamesfestival.org

ロンドン・デザイン・フェスティバル
2003年から始まったデザインをテーマとした大イベント。300以上のイベントや展示会が開催される。www.londondesignfestival.com

オープン・ハウス(ロンドン)
歴史的建造物や一般非公開の建物約700カ所が無料公開される。www.londonopenhouse.org

10月

BFI ロンドン・フィルム・フェスティバル 
世界の名作映画を集めて上映する祭典で、世界中から200を超える映画が集まる。様々な部門でトップが選ばれる。www.bfi.org.uk/lff

オータム・エア・ショー
ケッブリッジの南15kmにあるダックスフォード飛行場で開催される航空ショー。歴史的な飛行機が空を舞う。航空博物館も必見。www.iwm.org.uk/

11月

ワールド・トラベル・マーケット
世界中の旅行業者が集結する旅行業界の見本市。ExCeL Londonで開催される。www.wtmlondon.com

ガイ・フォークス・ナイト(各地)
11月5日に行われる17世紀初頭に国会議事堂に火をつけようとして捕らえられたガイ・フォークスの事件にちなむ祭り。イングランドでは、ガイ・フォークスの人形を焼いて祝う。花火大会も多く行われる。

ロンドン・バッハ・フェスティバル
ロンドン・バッハ・ソサエティーによるバッハの演奏会や講演会が行われる。www.bachlive.co.uk

ロンドン~ブライトン・ヴェテラン・カー・レース
1896年から行われているクラシックカー・レース。1905年以前の車のみ参加でき、ロンドンのハイドパークから、サセックスのシーサイド・リゾート、ブライトンまでの90kmを走る。11月初めの日曜日に開催。www.veterancarrun.com

ロード・メイヤーズ・ショー
シティの市長就任パレードで、午前11時スタート。様々な山車が800年の歴史を表現し、ロード・メイヤーはもちろん、楽隊などもパレードする。そしてテムズ河の花火も行われる。www.lordmayorsshow.org

セント・アンドリューズ・デー(スコットランド & 各地)
11月30日はスコットランドの守護聖人セント・アンドリューを祝う日。各地で、スコットランドの文化や伝統的な食べ物に親しみ、スコットランドの音楽、ダンスなどが行われる。

12月

トラファルガー・スクエア・クリスマス・ツリー
ロンドンでは、12月初旬になるとトラガルファー・スクエアに巨大なクリスマスツリーが出現。ライトアップもされてクリスマス気分を盛り上げる。コベント・ガーデンのクリスマス・ツリーも華やか。

ボクシング・デー 26日
ボクシング・デーは使用人や配達人に「クリスマス・ボックス」(1年間の仕事に対する感謝の意を込めて渡すご祝儀)を贈る日。この日は、伝統的に、家族や友人を訪ね、祝宴を楽しむ時で、サッカーの試合やその他のスポーツ競技の日としても人気がある。25日のクリスマスと26日は祝日なので、基本的に商店や銀行は閉っている。

スコットランド全土のホグマニー
スコットランドでは、大晦日から新年にかけて、さまざまなホグマニー(大晦日の祝い)が盛大に行われ、各都市でも新年を祝うイベントを開催
www.visitscotland.com

エディンバラ・ホグマニー・ストリート・パーティー

エディンバラのホグマニーで行われる「ストリート・パティー(要入場料)」では、プリンスィズ・ストリートをフェンスで囲み、中ではライブ、エンターテインメントが繰り広げられ、エディンバラ城やカールトンヒルからの花火が新年とともに打ち上げられる。www.edinburghshogmanay.org

※ここに掲載したイベントは2015年1月現在の情報です。最新の情報は各ウェブサイトにてご確認ください。

関連記事

ページ上部へ戻る