旅の基礎知識[2] 入国と出国

【イギリスへのアクセス】 
日本からヒースロー国際空港へ
空路で約12 時間。時差が9時間あるため(サマータイム時は時差8時間)、午前便で日本を発てば同日の午後3時頃にヒースロー国際空港に到着。日本~イギリス間に直行便を就航している航空会社は、日本航空、全日空、ブリティッシュ・エアウェイズ。
日本航空:www.jal.co.jp
全日空:www.ana.co.jp
ブリティッシュ・エアウェイズ:www.britishairways.com/jp

【イギリスへの入国】
▶入国審査

パスポートの種類別に「EU諸国」「イギリス」「その他」に分かれて並ぶ。日本のパスポート所有者は「その他」の列へ。パスポート、出入国カード、場合によっては帰りの航空券などを審査官に提示。入国カードは機内で配られるので、予め記入しておくこと。審査の際は入国目的、滞在期間などを聞かれることが多い。
▶税関検査
申請するものがない場合は、緑ランプの検査カウンター(Nothing to Declare) を通過して到着ゲートへ。申請するものがある場合は、赤ランプの検査カウンターで係員へ申し出る。
▶持ち込み制限
入国に際しては、タバコ、アルコール、香水、その他特定の物品の持ち込みについて、免税の範囲が設けられている。また持ち込み禁止物品の規定もあるので、旅行代理店やイギリス財務省のホームページで確認のこと。
www.hmrc.gov.uk/customs

【イギリスからの出国】
▶免税手続き
イギリスで買い物をしたときにかかる20%のVAT(付加価値税)は日本からの旅行者であれば免税措置により払い戻しを受けることができる。
*店で支払いの際にパスポートを提示してショッピングチェックを発行してもらい、出国の際に空港の税関でパスポートと領収書、購入した商品を提示し、確認スタンプを押してもらう。VAT払い戻しカウンターでの還付金は現金で受領、もしくはクレジットカード口座に振り込むなどの選択肢がある。
▶出国審査/セキュリティチェック
パスポートと搭乗券を提示、その後機内持ち込みの手荷物のX線検査とボディチェックなどがある。以前と比べて厳しい検査が行われており、時間がかかる場合も多いので、なるべく空港へは時間に余裕を持って行く方がよい。

関連記事

ページ上部へ戻る