旅の基礎知識[4] ロンドンの交通手段

【ヒースロー空港からロンドン市内へ】
ヒースロー・エクスプレス
ヒースロー国際空港とロンドンのパディントン駅を約15分で結ぶ高速列車。大人片道£21.50~。 
www.heathrowexpress.com
ナショナル・エクスプレス
長距離バス。ヒースロー空港からロンドン中心のヴィクトリア・コーチ・ステーションまで約40分から1時間半。オンライン予約で大人片道£6。 
www.nationalexpress.com
タクシー
空港からロンドン中心地までは約40〜60分、料金は約£42~。ただし渋滞には注意。特に平日の夕刻のロンドン入りは渋滞している可能性が高い。
地下鉄
ピカデリー・ラインが通じている。中心部まで約1時間。

【ロンドンの交通手段】
▶地下鉄
地下鉄はロンドン中心部をくまなく網羅している。交通ICカード「オイスターカード」を利用すれば、切符を購入する手間もないので便利。その他、乗り放題のトラベルカードは、1日、7日間の種類がある。ロンドンの交通機関網は中心の1ゾーンから9ゾーンまで区分されており、乗車料金も変わる。
www.tfl.gov.uk

▶バス
旧型ダブルデッカー(ルートマスター)は引退したが、観光ポイントが多いルートでのみ日中に走っている。バスのチケットは事前に用意する必要があるので、「オイスターカード」、「トラ ベルカード」や「ワンデイ・バス&トラム・バス」などの方がお得で便利。
▶タクシー
黒塗りのブラックキャブは安心して乗車できる。1 台に4~5人乗車でき、基本料金とは別に、時間帯や距離、かかった時間により加算される。メーターに表示された料金の10%がチップの目安(乗り方については「エチケット&マナー」の項目で解説)

【オイスター・カード】
ロンドンの地下鉄、バスで使用できるマネーカード形式のパス。日本のSuica/Pasmなどと同じような仕組みで、£10から£5単位の金額をチャージするプリペイド方式。地下鉄などの切符を現金で買うよりも割安料金が適用され、自動的に一番安い料金が選択される。購入は駅の窓口で(発行料金として£3必要=返還されない)。乗り越し料金を支払うことはできず、罰金が課せられるので注意したい。チャージは事前に余裕をもって。

【クリスマスの交通事情】
イギリスのクリスマスは12月25~26日、国民の祝日となるこの2日間は、公共交通機関は動かないので、移動の予定には注意。 観光アトラクションも営業しないことが多い。

関連記事

ページ上部へ戻る