ウェールズ 〜いくつもの古城と雄大な自然に彩られたケルトの国〜

ウェールズでは英語とともにウェールズ語が公用語。イングランドからウェールズへと足を踏み入れると、2カ国語での表示に旅心が高まる。豊かな自然、点在する古城、保存鉄道の旅など、見どころはつきない。
 

[ロンドンからのアクセス]
Cardiffまで車で3時間/鉄道で3時間
[プランニングのポイント]
*北ウェールズとチェスターを組み合わせた行程が効率的
*南ウェールズを回るならコッツウォルズと組み合わせても
*南北を繋ぐ海岸線も旅のみどころ

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥[一度は訪れてみたい観光ポイント]‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Attractionsカーディフ Cardiff
人口30万人。ウェールズの首都カーディフはこじんまりとして親しみやすい町。湾岸エリアにはミレニアム・スタジアムなど話題の建築も多い。さまざまな歴史に彩られた郊外カーディフ城も見逃せない。
www.visitcardiff.com


コンウィ城 Conwy Castle
ウェールズには600以上もの古城が残ると言われる。北ウェールズにはイングランド王エドワード1世が築いた城がいくつも残っており、このコンウィ城はカーナヴォン城などと共に世界遺産にも登録。城に寄り添うようにして「イギリスで最も小さな家」(下記)が建っている。
http://cadw.wales.gov.uk/daysout/conwycastle/?lang=en


Types & Charactersイギリスで最も小さな家 The Smallest House In Great Britain
コンウィ城の城壁沿いに建つ「イギリスで最も小さな家」。1900年まで実際に漁師が住んでいた家。1階は長椅子が、2階にはベッドがあるだけで、食事は家の外で用意をしていたそう。中に入るとその狭さに驚くばかり。
http://thesmallesthouseingreatbritain.co.uk


スノードニア国立公園 Snowdonia National Park
北ウェールズ最大の観光ポイントがスノードニア国立公園。イングランドとウェールズの最高峰スノードン山(1,085m)やウェールズ最大の自然湖であるテギド湖など、イギリス最高に数えられる景勝地が広がる。山頂までの8km弱を走るスノードン登山鉄道の旅も楽しい。
www.eryri-npa.gov.uk/home


ボドナント・ガーデン Bodnant Garden
ナショナル・トラストが管理するガーデンは、55メートルも続くキングサリの回廊で有名。毎年6月初旬に黄色い長い花房が垂れ下がるように咲き誇る様から、”ゴールデン・レイン”とも呼ばれている。アーチをくぐれば心も身体も黄金色に染まるよう。
www.nationaltrust.org.uk/bodnant-garden/


ヘイ・オン・ワイ Hay-on-Wye 
ブレコン・ビーコンズ国立公園の北端にある小さな町は「古書の町」として有名。町には古書店が軒を連ね、お目当ての本を探す愛好家で賑わう。毎年、初夏に文学祭が開催され、世界中から訪れる観光客でにぎわう。
www.hay-on-wye.co.uk

関連記事

ページ上部へ戻る